赤裸々結婚生活~ミオンの場合#03

 

わたしの半生における結婚生活に起きたできごとを書いているシリーズ3回目です。
 

これまでのお話はこちら。

赤裸々結婚生活~ミオンの場合#01 赤裸々結婚生活~ミオンの場合#02

  

 

#03

 

赤裸々結婚生活【女】編の最終回です。
 

そもそも夫はその女とどこで知り合ったのかと言うと、風俗でした。
 

何度か通っているうちにプライベートでつきあうようになったらしいです。
 

女は風俗で仕事をしていた当時既婚者でした。
子どももいました。
詳しいことはわかりませんが、旦那にDVを受けていたらしく風俗で働いていたときにお客である夫に身の上話をするようになり、夫が女とその旦那が離婚できるように手助けした…とかいう話です。
 

そして女の新居に夫が通うようになり二重生活をするようになったみたいです。
女の子どもも一緒にいたわけで、当時まだ小さかった自分の子どもをほったらかしにして女の子どもに父親ぶった言動をしていたようです。
 

当時は帰宅するのは毎日深夜で当然家で晩ご飯を食べることもありませんでしたし、外泊はしょっちゅうでしたし、我が家では父親不在が当たり前の日常になっていました。
 

女がわたしに連絡をとってきたのは、そうやって内縁関係のようにしていた夫とも最初のうちはよかったけれど、何年も前からうまくいかなくなってきて喧嘩も増えてきたうっぷんのはけ口にしたい気持ちもあったのだと思います。
 

わたしの連絡先は夫のケータイを盗み見たそうです。
 

わたしに対してもそうですが夫は女に対してもモラハラやDVをしていたようで、DV加害者によくあるケースで外面はいいのに深くつきあうようになった相手にはすごく威圧的になっていくというタイプです。
 

自分の都合が悪くなると子どもたちに対しても制圧するような言動をとる時がありました。
 

言葉遣いが荒くなったり怒鳴って威嚇するようにするので、恐怖で平常心ではいられなくなります。
 

かと思うととても子煩悩な面があるのも確かなのでその豹変ぶりについていけないというか、心が凍りついてしまいます。
 

あれはいったいなんなんでしょうね。
 

コンプレックスとかがあってこちらが意図しなくても会話でその部分が刺激されたりするとトリガーになってしまうんでしょうか。
 

自分の家も子どももほっといて女と女の子どもにかまけていたのはある意味そこが自分の居場所になっていたんでしょうが、そこでも気に入らないことがあると暴君になってしまっていたようでした。
 

女の子どもとうちの子は年が近かったようですが、厳しく口を出し過ぎて嫌われていたようです。
 

結局何がしたかったんでしょうか。
 

わたしが夫と女のことで一番衝撃を受けたというか夫を軽蔑したことがあるのですが、女は夫の子どもを中絶したことがあるそうです。
 

しかも何度も。
 

これにはさすがに夫の人間性を疑いました。
 

女の話によれば、夫は女にピルを飲むように言っていたらしく自分では避妊はせずに妊娠したのも女がきちんとピルを飲まなかったせいだと言ったそうです。
 

女の話だけでは中絶のことも本当かどうかはわからないところですが、このことは本当だろうと思っています。
 

というのは、以前夫が機種変してそれまでに使っていた古いケータイを放置していたことがありました。
当時まだガラケーでした。
 

わたしは基本的に人のケータイを見るのは嫌悪感があって生理的に無理なので特に興味はなかったのですが、この一連のことがあってからそう言えば…と思って放置されていたガラケーの中身を見たことがありました。
 

メールもそのまま残っていて、女とのやりとりもありましたがそれよりも夫の友人とのメールに浮気指南のような文面がありその中に自分が浮気相手を妊娠させたととれるような箇所がありました。
・・・・・・だから気をつけろよ、みたいな書き方もしていたり。
 

そのケータイだけを見たら確証はもてなかったかもしれませんが、女の話の裏付けとして見ればメール内容もよく読みこめる感じで女が夫の子どもを中絶したのは事実だと思います。
 

あきれるを通り越して自分がこんな人間と結婚したということが信じられませんでした。
 

他にもわたしが知っている夫とは思えない行動の数々を知らされましたが、こうなるとわたしが知らなかったその姿が夫の本性だったんだろうとしか思えませんでした。
 

結局そういうさまざまな仕打ちに耐えきれなくなった女に秘密を暴露され、女側の人間たちに責められた夫はしばらくおとなしくなり家でも明らかに態度が変わりましたがその女とはだらだらとつかず離れずな関係を続けていたようで、でも結局最終的には別れたみたいです。
 

女が新しい人ができたのでその人と一緒になりたいんだと話していました。
 

夫の行動には興味がないですし会話もないのであくまでもわたしの勘ですが、その女と切れた後も次々に違う女とつきあっていたような気がしています。
 

夫の行動パターンが変わったり外泊が始まったりするので、また女が変わったんだろうなと思っていました。
 

哀れな人だなと思います。
 

わたしに女のことがバレてその女ともあれだけすったもんだしたのに、夫はわたしに女のことを一度も謝ったことがありません。
今では自分が過去にしたことなんて忘れているかもしれませんね。
 

まともな人間だと思っていないので今では別に腹もたちません。
早くかかわりのない関係になりたいだけです。
 

全てを事細かに書くことはできませんが、これがわたしの結婚生活に起きた【女】編トラブルの概要です。
 

もし同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、まずは誰かに話を聞いてもらってください。
ひとりで抱えるには重すぎて危険すぎます。
そしてもし別れることを視野に入れているなら小さなことでも証拠を残してください。
毎日の帰宅時間を記録するだけでも意味があるそうです。
わたしが相談したときにそうアドバイスされました。
 

自分のことを大事にしていいんです。
我慢し続けてつぶれる前に自分の気持ちを優先してくださいね。
手遅れになると自己否定感が強くなって前に進む気持ちが生まれてこなくなります。
この状況をなんとかしたいと思えているうちにまずは誰かに話してくださいね。
 

こんな内容にここまでおつきあい下さってありがとうございました (^▽^)
【女】編はこれで終わりです。
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です