派遣の登録会や企業での面接へはどんな服装で行けば安心?詳しく解説

   

  • 派遣会社の登録会にはどんな服装で行けばいいの?
  • 派遣先企業での面接が決まったけど服装や髪型で気をつけることは?
  • メイクや香水は?

 

ここでは派遣会社の登録会や派遣先企業での面接の際にどんな服装で行けばいいのか、ほかにも身なりで気をつけたほうがいいことについて過去に何度も面接を経験してきた現役派遣社員の私がお伝えします。

 

この記事で大事な局面である面接の印象で損をしないためには何に気をつければいいのかがわかります。
参考にして少しでも不安を取り除いて面接に臨んでいただけたらと思います。

 

派遣会社の登録会の服装

   

派遣会社に登録するときの登録会にはどんな服装で行けばいいのか悩みますよね。

 

結論から言うとスーツで行くことをおすすめします。

  

なぜなら第一印象で与えるマイナス要素を一切排除するためです。
詳しくお話します。

  

派遣会社の登録会でも個別の面談があります。

 

わたしはリクルートスタッフィングとマンパワーグループの2社に登録しています。
2社とも登録会では最初から最後まですべてのことが個別で行われました。
書類への記入や適性検査、スキルチェックが終わるとあとはコーディネーターとの面談でこの時間が一番長くとられました。

 

一般的な常識があれば面談で落とされることはほとんどないと思いますが、やはり第一印象は大切です。
派遣会社にこの人を企業には紹介できないと判断されたら登録できないこともあるかもしれません。

 

いくらスキルが高くてもそれは実際に業務についてから評価されることなので、そのステージに到達する前にマイナスな印象を与えるのは極力避けた方が賢明です。

 

企業でも採用担当者や職場で一緒に仕事をするのはですから、変な人を採用したくないのは自然なことですよね。
派遣会社は企業に人材を派遣することで収益をあげているので、当然ですが企業に避けられるような人はとりたくないかもしれません。

 

繰り返しますがスキルは後から評価されるので、最初はやはり第一印象や実際に会話をしたときの印象が大きな判断要因になると思います。

 

年齢が高めでも会社勤めにブランクがあっても社会人として違和感のない印象を与えるために、服装はスーツが一番だと思います。

 

スーツ以外だったら何を着れば大丈夫なのか・・・と考える方が難しくなってしまいますし時間がもったいないので迷わずスーツで行きましょう!

 

実際には登録会の場合はオフィスカジュアルで大丈夫だと思いますが、派遣会社に登録するという時点ではオフィスカジュアルのイメージがつきにくいかもしれません。
なのでスーツで行くことをおすすめします。

 

いかにも就活スーツといったものでなくても落ち着いた色合いの黒や紺、グレーのスーツでいいと思います。
私は登録会当時45歳でしたが黒地に細いストライプの入ったパンツスーツで行きました。

 

実際に派遣先での仕事が始まると職場での服装はオフィスカジュアルでOKな場合が多いと思います。
派遣先を変えるときの企業面接で着ることがほとんどかもしれないので、お手頃なお値段で年齢を選ばずに着れるような一着を用意すると重宝しますよ!

 

MEMO
ストッキングはベージュ系、靴はシンプルなパンプスがおすすめです。
企業面接でも使えます。

 

派遣先企業での面接の服装や髪型

 

求人への社内選考に通り企業への面接が決まったらいよいよ派遣社員としての仕事スタートも目前です!
職場見学などと言ったりしますが実質の面接ですのでしっかり準備して臨みましょう。

 

もうこの場合の服装は選択の余地なくスーツで行く!になりますね。

 

派遣会社の登録会以上に重要な場になりますから、採用されるために無駄なマイナス要素は全力でなくしましょう。

 

服装は登録会のところでもお伝えしたスーツで行きましょう。
髪型は清潔感に気をつけてすっきりしたスタイルであれば問題ないと思います。

  

ヘアカラーは大丈夫?

 

ヘアカラーは年齢にもよりますが、若い世代だと明るめでもそんなに違和感はありませんがアラフォーアラフィフ、それ以降の世代だったら少し落ちついた色合いの方が自然な印象になると思います。

 

白髪の多い人はきちんとカラーした方がベターです。
私は白髪が多いのでよくわかりますが、カラーしてある程度時間がたつと伸びた根元が白かったり染めた部分も色が抜けてきたりしますよね。

 

言うまでもないですがきちんと全体的に染まっている方が若々しく見えます。

 

仕事が決まってからはお好きなようにしても大丈夫ですが、決まるも決まらないも面接次第ですから面接に行くときは落ち着いた雰囲気でなおかつ老けた印象にならないようにきれいにカラーした方がいいと思います。

 

中身は採用されてから理解される

 

面接する企業側もなので、面接の段階で短時間で判断するためにはスキルよりもどんな感じの人なのかという印象を一番重視していると思います。

 

事務系の派遣の場合は職場の中で正社員のサポート的なポジションになることが多いので、最初のうちは特に作業指示を受けながらまわりとのコミュニケーションをとりながら仕事をすることになります。

 

面接ではそのような環境でうまくなじんでやっていけそうな人かどうかという視点で見られるわけですから、見た目も含めた印象はいいに越したことはありません。

 

女性に面接される場合は特に細かく見られると思っていいでしょう。

 

以前の派遣先で私の後任の派遣社員を採用する際に、部内の女性の課長が面接に同席したことがありました。
あとでランチの時にそのときの様子を聞きましたが、経歴よりもスキルよりも圧倒的にその人の印象がどうだったかばかりを話していました。

  

メイクや香水は?~実際にあったお話

  

以前の派遣先で女性の正社員にこんなお話を聞きました。

  

その人の部署で派遣社員を採用することになり上司が面接をしたそうです。
面接をした上司は男性で50代後半でした。
その上司が面接した感想をこのように話していたそうです。

  

Aさんは化粧がちょっと濃いし、香水がきつくてしんどいなぁ・・・
はきはきしてるし仕事はできそうだけどオレはBさんの方がいい気がするけどなぁ・・・

  

結局Aさんは採用されましたが、Bさんは通勤時間が長めなのと電話応対が苦手だったようなので取引先との電話のやりとりが必須となるこの部署ではウィークポイントと判断されたようでした。

   

それでも印象としてはBさんを採用したいと強く主張していたそうです。

   

印象は面接する人の主観が作用すると思いますが、スキルなどのデータ部分が同程度の場合は印象が勝負になります。

 

採用する側もです。
女性の面接者の場合なおさらシビアな目線で見られます。

  

採用されたら好きなメイクを楽しんでください。
面接ではナチュラルメイク、香水もなしで余計なマイナス印象を与えないようにしてくださいね。

  

まとめ

 

面接に行くときは 

  • 服装はスーツ
  • 髪型は清潔感があってすっきりしたスタイル
  • カラーは落ち着いた色合いで白髪は染めた方がよし
  • メイクは派手すぎずナチュラルめに
  • 香水はなし

以上のことに気をつけてくださいね。

 

自分にないものを無理やりプラスすることはできませんし無理をして装っても逆に不自然な印象を与えてしまうと思います。

 

無理やりプラスするのではなく、排除できるマイナス要素をできるだけ排除してあとはありのままの自分をみてもらいましょう。

  

もしそれで不採用だったら、その企業とはご縁がなかったとさっさと忘れましょう。
ひきずってる時間ももったいないので気持ちを切り替えてすぐに次の求人を探しましょう!

 

新しい求人を探していると気分も変わりますのであきらめずにチャレンジしてくださいね。

 

私が実際に経験した企業面接を派遣先の面接体験談~出席者・質問されたことなど具体的にご紹介でお伝えしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です