50代で派遣なんて無理?いいえ50代でも大丈夫です!採用されるために大切なこと

  • 派遣って若くないと仕事ないの?
  • 40代だけど派遣で働ける?
  • 50代で派遣なんて無理かしら…

 

この記事ではこんなお悩みを持った方に向けて、アラフォーアラフィフが派遣で働くための大切なことをお伝えします。

 

派遣登録時45歳で50代の今も現役派遣社員の私が自身の体験をもとにリアルなお話をお伝えしますので、40代50代でも派遣でチャレンジできることがおわかりいただけるはずです。

 

ぜひ年齢を気にせずチャレンジしていただきたいです!

 

2020年6月追記
コロナの影響を受けて2年ぶりに派遣の仕事を探しました。
50歳の求職活動の様子を記録しましたので、よかったら合わせてお読みくださいね。

50歳派遣、自宅待機…契約終了…そして2年ぶりの求職活動

 

40代50代でも派遣登録は可能

 

結論から言うとアラフォーアラフィフでも派遣登録できますし実際に仕事に就くこともできます。

 

なぜなら私自身が45歳の時に登録して実際に現在も派遣社員として勤務できているからです。

 

私には子どもがふたりいますが、上の子の出産直前に退職してから会社勤務はしていませんでした。
子育ても終えて18年ぶりにフルタイムで会社員に復帰しようと思って派遣登録しました。

 

フルタイム希望でしたが、さすがにこのブランクの長さとアピールできるスキルゼロの状態では正社員への応募すら無理だと思いました。
せめて派遣ならなんとかなるかと思い当時必死にチャレンジしました。

 

派遣会社の登録に際しては年齢もブランクもまったく不利になっていません。
登録したのはリクルートスタッフィングとマンパワーグループです。

 

世間一般では派遣は若くないとダメでしょ?と思われているようですが実際にはそんなことはありません。
以前の派遣先で私の後任に採用された派遣さんも50代でしたし、今の職場でも私と同じような世代の派遣さんが勤務しています。

 

求人はあるのですから、派遣会社も40代以降を問題なく登録してくれるので安心して下さい。

 

40代以降の求人も普通にある

 

20代や30代の若い世代を求める案件は確かに多いかもしれません。
ですが私が実際に派遣の求人を探したり派遣として仕事をした印象としては、40代以降でもOKな求人は普通にありますし実際に40代以降の派遣さんも多く見てきました。

 

業界や職種で実際に働いている世代は違うのかもしれませんが、私が見た限り一般事務や営業事務と言った事務職ではむしろ若い派遣さんの方が少ない印象です。

 

企業も正社員を採用するなら今後の成長にも期待する意味で年齢制限するでしょうけど、派遣の場合はそもそも求められるものが違います。

 

期間限定での採用なので即戦力を求めているわけです。
まず社会人に育てないと…といった過程は飛ばして会社員として働く上での基本的な要素は身に付いている前提での求人ですから、若い世代だけではなく人生経験のある40代50代でも採用されるチャンスはたくさんあります。

 

採用に不利なのは年齢ではない

 

ここまでに40代以降でも派遣の登録は問題ないし、40代以降の求人もあるというお話をしました。
では実際に派遣先に採用されるかどうかに年齢は関係あるのかについてお伝えしていきます。

 

結論から言うと年齢そのものが採用に不利になることはないと思います。

 

採用する立場ではないのであくまでも派遣として働いている私の考えですが、実際に40代以降で働いている派遣さんを何人も見てきましたので。

 

最近(2019年11月)今の職場にまた新しい派遣さんが採用されました。
ご本人に伺っていないので私の予想ですがおそらく私より年上です。
私は今年50歳になりましたので50代の派遣さんが採用されたことになります。
パソコンは基本的な操作は大丈夫なようです。
まだ不慣れなのでミスを指摘されることも多いですがとても一生懸命でまじめな印象なので長く続くのではないかと思います。

 

これが実際の現場の現実です。

 

若い世代の人たちから見たら50代で派遣なんて無理でしょ?と思うかもしれません。
私が30代だったらやはり同じようにそう思っていたかもしれません。
けれど実際には40代50代も派遣としてバンバン採用されているのが事実です。
あきらめたり不安になる必要なんてありません。
ほんの少し勇気を出して行動すればいいだけです!

 

年齢よりもスキルが重要

 

年齢がネックになるのでは…とどうしても心配なときは自分のスキルを高めると自信が持てます。

 

実際に面接をしてみて基本的なパソコンのスキルもあって会話をした印象もいいと派遣先が感じれば、年齢が上でも問題にはならないと思います。
事務職だったら職場に入ってコミュニケーションがうまくとれそうか、まじめに働いてくれそうか、といった視点で判断されるのではないでしょうか。

 

ある程度即戦力を求められているので、エクセルもワードも触ったことがありませんという人には一から教えなくてはならずこれは教える側にも相当な労力になってしまいます。
実際の業務で使う場面はかなり多いので、エクセルやワードの基本的なスキルはあった方が有利ですし使用経験があるのに越したことはありません。

 

パソコン経験が全くない人は派遣会社の研修プログラムなどを大いに活用してスキルとしてアピールできるようにしておくのがいいです。
少しでも経験があれば自信になっていきますから。

 

大手の派遣会社ならスキルアップの研修プログラムは完備されていると思います。
どんどん活用しましょう。
私が登録しているリクルートスタッフィングとマンパワーグループにはエクセルやワード、他にもたくさんの研修があります。
もちろん無料です。
パソコンスキルの他にも面接対策やビジネスマナーなど幅広くサポートされているのでぜひ活用して自信につなげてほしいと思います。

 

年齢を武器に安心を与える

 

スキルアップのほかには、面接で自分を見てもらうことでこの人なら一緒に働きやすそうだなと思ってもらうことが一番です。

 

年齢を逆手にとって派遣先に安心感を与えましょう。

 

子育てをしてきた人ならたいていのことにおおらかになれるかもしれませんし、気が利く面も多いかもしれません。

 

年を取っている=扱いにくいのようなネガティブな先入観を払しょくできるように、おちついたおだやかな印象をもってもらえれば年齢は武器にさえなると思います。
そのためには面接での会話も明るく受け答えした方がいいですし、緊張しているとは思いますがなるべく自然体でおちついた誠実な雰囲気を出せるといいですね。

 

問われるのは個人

 

結局のところ採用されるかどうかは、年齢が一概に不利になるのではなく個人の資質が問われるのだと思います。

 

これは若い世代にも言えることですが、若さと言うのはそれだけで強みであるのも事実です。
上の世代はスキルや面接での印象次第でまだまだ勝負できますから、まずは自分をステップアップさせて自信を持ちましょう。

 

具体的にどうすればいいか

 

今は事務の職種でパソコンを使わない求人はないと言っていいです。

 

パソコンがどの程度使えればいいのかは案件によって本当にまちまちなので一概には言えませんが、 エクセルとワードは使えるに越したことはありません。

 

ワードなら簡単な文書作成、エクセルなら最低限表を作成してセルに計算式を入れられるとか行や列のコピーペースト、挿入削除などは問題なくできた方がベターです。
どちらも触ったことがないと最初のうちは何をどうしたらいいのか全くわからないと思いますので、実際にパソコンを使って手を動かして経験するのが一番早いです。

 

基本操作がなんとかできれば、業務で必要な使い方は最初にひと通り教えてもらえるのでそこで覚えれば大丈夫です。

 

教えてもらう時に少しでもベースとなる知識や使った経験があるのとないのとでは飲み込みの速さが違ってきますし、何がわからないのかがわからないと言ったとても辛い状態になってしまいますのでワードとエクセルに苦手意識がある方はぜひ触れて少しでも慣れておくことをおすすめします。

 

派遣会社の研修プログラムなどでスキルを上げましょう。
本を読んで勉強するのではなく実際にパソコンに触って覚えることが重要です。

 

私は業務でアクセスやパワーポイントは使ったことがありませんが余裕のある方はこちらもチャレンジするといいと思います。

 

私の経験談

 

私は45歳の時にブランク18年で派遣登録し、派遣の仕事に就きました。

 

エクセルやワードは子どものPTA関係の資料作りなどで使っていましたが、知っている機能は基本的なものばかりでした。
アピールできるほどの使用経験がなく求人を探す時には選べるものが限られましたが、ネックになったのはやはり年齢そのものではなくスキル面です。
どうしても派遣でフルタイムで働きたかったので未経験可の案件に絞ってチャレンジしました。

 

未経験から再スタートするつもりで契約が1年限りの案件で採用が決まりましたが、結局派遣先からお願いされて3年勤務しました。
振り返ってみてもネックになるとしたら年齢ではなくスキルと本人のやる気だと思います。

 

派遣先が求めているのは若くても若くなくてもきちんと仕事をしてくれる人なので、面接ではきちんと仕事をしてくれそうな人の雰囲気を出すことが大切だと思います。

 

最初の派遣先が決まればそこでの経験がすべてスキルになっていきますから、業務に入ってもやる気と学ぶ姿勢さえあれば次の派遣先に移るときにさらに年齢を重ねていても大丈夫なのです。

 

追記(2020年2月9日)

 

2020年4月から働き方改革にともなう改正派遣法が施行されますが、今までの派遣の待遇から大きく変わることがあります。

 

それは交通費の支給です。

 

今まで派遣は通勤にかかる交通費の支給はゼロで自腹を切ることがほとんどでした。
それが法律で支給されることが決まりました。
これについては派遣も2020年4月から交通費がもらえる!ボーナス退職金についても完全解説の記事で書きましたので詳しく知りたい方はお読みいただければと思います。

 

それと、老後に向けた資金作りのためにiDeCoを始めました。
所得税と住民税を安くすることができるiDeCoは老後の資金作りにほんとうにおすすめなので興味のある方はiDeCoの始め方を完全解説!派遣がiDeCoで運用開始しましたの記事を読んでみてくださいね。

 

まとめ

 

40代50代の派遣にチャレンジするポイントは

  • 40代50代も派遣登録はできる
  • 40代50代も派遣の採用は可能
  • 50代もあきらめる必要は全くない
  • スキルをアップさせて自信をもつ
  • 本人のやる気次第で年齢は不利ではない

になります。

 

私は50歳になりましたがまだまだ派遣で働くつもりでいます。
そのためにもチャレンジ精神と学ぶ姿勢は常に持ち続けています。

 

今40代50代の方もあきらめる必要はまったくありませんので、ぜひチャレンジして自分の人生を変えていってくださいね!

  

2020年3月追記
今年中に簿記の資格をとって一般事務から経理事務にキャリアアップすることに決めました。
こちらの記事で詳しく書いていますのでよかったら合わせてお読みくださいね。

50歳からのキャリアアップ!派遣でもあきらめる必要なし

派遣法改正を受け派遣切りが増えているというニュースを聞いて、派遣切りを回避するための記事を書きました。
よかったらお読みください。

派遣切りにあわないために気をつけるべき根本的なこと

 

  

リクルートスタッフィングに登録してみる

リクルートスタッフィング

  

マンパワーグループに登録してみる

 

テンプスタッフに登録してみる

  

  

6 COMMENTS

とと

私も50代で派遣の仕事を探しています。ここのところ何度も候補にあがっては選考から落ちています。自分が設定した時給で選考にはあがるのだから、あきらめずに続けようと思います。それに落ちたのは私だけではないんだよね、きっと。こちらの文章を読んでちょっと一息つけました。ありがとうございます。

返信する
mion

ととさん、コメントありがとうございます!
初めまして、ミオンと申します。
今お仕事をお探し中とのことで心中お察しします。
選考通過しないことが重なってくると気持ち的にどんどんしんどくなってきますよね…
今は仕事を求めている人が特に多い状況なので、ととさんがおっしゃるように選考通過したひとりの人以外全員が落ちているということでしかもその数はとても多いと思います。
コロナ休職中に派遣会社の営業担当の方に聞きましたが、案件1件につき100人以上の応募がくることがザラにあるそうです。
候補にはあがるとのことなのでここがふんばりどころですね!
あとはあきらめずに淡々と応募し続ける、これが1番大切なことだと思います。
今の職場にも50代と思われる非正規の方結構います。
需要はありますから、あきらめずに進み続けてください!!
負けないで!
同じ50代として共にがんばりましょうฅฅ❤︎

返信する
ポプ

Mion様

アラフィフのポプと申します。
10年派遣社員として働いてきましたが、今年3月失職し、それから無職のままです。
就活に疲れてネットサーフィンしていたところ、こちらにたどりつきました。
1案件に100人エントリー・・。そう考えると、少し気持ちが落ち着きます。ありがとうございます。
淡々と応募し続けるしかありませんよね。頑張ります!

返信する
mion

ポプさん、コメントありがとうございます!
はじめまして、ミオンと申します。

3月にということはかなり早い段階でコロナの影響を受けてしまったんですね。
今年はしんどい年を過ごされましたね…心中お察しします。
コロナのことがなくてもわたしたち世代になると仕事が1発でバシッと見つかりにくいのに、今は求職されている方が本当に多いと思うので結果がでないと疲れてしまいますよね。
わたしは4月中旬に自宅待機になり6月でこちらから契約終了させて、その間ひたすら仕事を探し続けました。
その2ヶ月ほどの期間でも決まらない間はマジでキツかったです。
なのでポプさんの状況を考えるとわたしが想像する以上のストレスだろうと思います。
けれど仕事を得るにはこちらがあきらめたら絶対決まらないんですよね。
あきらめないこと、そのためにはしんどい日でもある意味無心になってエントリーし続けること、これが1番大切だと思います。
仕事が決まる日は来ます。
そのためにあきらめずエントリーし続けてくださいね!
負けないで!
2021年はポプさんにとって明るい年になりますように♬︎

返信する
ミルミル

ミオンさん
こちらのブログで半泣きしました(笑)私はあと5年で50歳になりますが一生派遣でやっていくつもりです。今回のコロナで派遣切りにあい散々でしたがなんとか仕事が見つかりました。
ミオンさんは現在何かスキルとかありますか。履歴書とかに書けるような。。一般事務されているのですよね。参考にさせてください。

返信する
mion

ミルミルさん、コメントありがとうございます!
はじめまして、ミオンと申します。

派遣切りにあわれたということですが、次のお仕事が見つかって本当によかったですね!
おめでとうございます。
決まるまでしんどい時期を過ごされたんじゃないかとお察しします。
ミルミルさんは40代半ばのようなのでもう50代になってしまったわたしからしたらまだまだお若いという感じです(笑)
50代になってもあきらめなければ仕事は見つかるとはいえ条件的に厳しくなるのは事実なので、50代を迎えるまでのあと5年でしっかりスキルアップされたらいいと思いますよ!
わたしは派遣になってから現在までずっと一般事務です。
資格は派遣で働くずっと前にとった簿記3級と学生の頃にとった情報処理系のものがあります。
この資格は仕事を得るうえで影響力は大きくはないと思いますが、派遣先で面接を受けたときに派遣先の方とその話題になったことはあります。
なのであれば多少のアピールにはなるのかもしれません。
PCのスキルとしてはワードとエクセルはある程度実務で通用するスキルはあります。
ワードは文書を一から作成したり、既存のものを加筆修正したりできれば最低限は大丈夫ではないでしょうか。
ワードよりも実務で必須なのはやはりエクセルだと思います。
エクセルは関数が使えればそれなりにアピールできると思うので、派遣会社の無料で受けられるスキルアップの講習などを積極的に活用されるといいと思いますよ。
エクセルは本などを読んでも実際に使えるようにはならないので実践あるのみです。
実際に使いながら覚えていくのが一番なのでeラーニングなどを受けるのがおススメです。
お仕事でエクセルを使うことがあるならそこで覚えるのが一番効率的なので、チャンスがあればどんどんチャンレンジされるといいと思います。
まずはお仕事が見つかったことがなによりなので、これを次へのステップにするためにお仕事の中で貪欲にスキルを身に着けていってくださいね。
今からでも50歳までにスキルをつけるのに十分間に合いますからぜひがんばってくださいね♬

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です