日帰りプチ旅~栃木県那須ふたたび編

 

今年の4月に初めて那須を訪れてアートビオトープ那須の水庭を見てから2か月。
 

ようやく新緑も終えて緑一面の世界になったであろう水庭に6月の末ふたたび行ってきました。
 

その期待を裏切られることなく癒しの景色を思う存分満喫してきたのでシェアしたいと思います。

 

【アートビオトープ那須の水庭ふたたび】の巻

 

今回も東京駅から新幹線なすので那須塩原駅までたった1時間でひとっとび。
 

  

もう何度も言ってますが、今回もチケットはえきねっとでお先にトクだ値スペシャルの50%オフチケットです。
期間限定の割引チケットなのでこれがなくなると悲しい…
とは言っても以前からあるお先にトクだ値で30%ほど安くなるチケットは健在なんでまぁいんですけど。
 

 

この前長野の茅野に行ったときは特急あずさに2時間揺られたのでだいぶのんびり移動できましたが、新幹線の1時間はあっという間すぎて寝る暇もありませんでした。
 

東京駅を出発してから朝ご飯を食べて落ち着いたらもうあと30分ほどになってしまい、ここで寝たら寝過ごしそうなのでがんばって起きてることに。
 

 

那須塩原の駅も2度目だと出口もトイレの場所もわかってるので焦らず行動できて、前回よりあちこち観察する余裕がありました。
 

 

今回も駅からアートビオトープ那須まではシャトルバスのお世話になりましたが、前回の時は行きも帰りも乗客はわたしひとりだったけど今回はやや年配のご夫婦(たぶん)も一緒に乗りました。
 

 

バスから見える景色はこの前と変わらず美しく、今回は落ち着いてたくさん写真を撮りながら移動。
 

そうそうこんな景色だった!
 

 

 

 

 

2か月前の記憶がどんどんよみがえる中、見覚えのある角を何度も曲がってアートビオトープ那須に到着。
 

 

今回は梅雨の真っ最中だったのでお天気が心配だったけど、この日は見事に晴れてくれて明るい日差しの中でふさふさにボリュームアップした緑の葉っぱたちがとても生き生きとしていました。
 

 

また来れた~♬
 

心からそう感じました。
 

前回来たときはフリードリンクにあったかい野草茶が用意されていましたが、今回は冷たいミント入りのお水になっていて見るだけで涼やかな雰囲気♬
 

 

アートビオトープ那須はどこをとってもアーティスティックな雰囲気が漂っていて、のんびり見てまわるだけでとても癒される空間なんです。
 

 

そうこうしているうちに水庭見学のツアー開始時間になり、前回同様まずはアートビオトープ那須について今までのあゆみを聞いてからみんなで水庭へと移動。
 

水庭は4月のときのまだ冬から目覚めたばかりのような色あいの景色から、下草も木の葉もしっかり成長して緑あざやかな世界へと変わっていました。
 

 

見た瞬間うれしくて鳥肌がたちました!
 

この景色を見たかった♬
 

心からそう思い、見れたことへの感動で「来てよかった」と何度も何度も思いました。
 

2度目なので水庭の全体像は把握済みということもあり、今回はきちんと見たい分全部まわれるようにコースとペースを考えながら見学しました。
 

今回もカモが2羽池をお散歩している姿に遭遇してとてもほっこり。
 

 

そういえば茅野の御射鹿池でもカモを見たんでした。
よく遭遇します(笑)
 

そして今回は春先にはいなかった生き物たちの存在をたくさん感じることになりました。
 

まずとんぼがやたらと飛んでいて大きく成長したものからまだ若そうな小さめのものまでたくさん見かけました。
 
 

  

 

池の中にはオタマジャクシがたくさん泳いでいました。
 

 

オタマジャクシがいるので成長したカエルにも何匹も遭遇しました。
 

 

姿を見るより先に、こちらの気配を感じてかポチャンと池の中に入る音がするのでそれで存在に気づくという展開が何度も。
 

他にも姿は見えなくても絶えず野鳥の鳴き声が響いているし、しゃがんで足元の下草をじっと見てみると小さな虫たちが動いているのが見えて、この水庭の環境の中に多くの命が共存してるんだなぁとちょっと神聖な気持ちに。
 

人が造った人工的な自然なのにそれを感じさせないさまざまな命があふれる環境の水庭。
 

 

ほんとに癒されるし興味深いし、もう大好きな場所です。
 

お昼にいったんカフェで休憩しランチをいただきました。
 

 

スタッフの方おススメということもあり、前回に続き那須のカレーです。
相変わらず美味しい♬
 

 

そして今回は帰りの新幹線の時間を少し遅めで取って、ランチの後もう一度水庭をたっぷり堪能しました。
 

水庭の中はどこを歩いてもいいわけではなく、下草や小さなコケなどを傷めないように置き石の上を歩いて回ります。
 

 

それがまたちょっと冒険気分というか水庭探検みたいなテンションになるんじゃないかな。
 

池の中にも石があって池を渡れるようになってたり石の大きさも大きいのも小さいのもあったりで、子どもの時のような気持ちに戻れる気がします。
 

 

今回は合計でたっぷり2時間以上水庭にいましたがそれでもまだ全部見切った感じはしません。
 

けど、前回よりはだいぶ堪能できて水庭の世界に浸れたのは確かです。
 

 

ほんとうにいるだけで癒される場所です。
 

秋の紅葉、冬の雪が積もった景色もそれぞれに違った美しさがあるというお話でした。
またその季節に見に来れたらいいなぁ…
 

どれだけその景色を写真に収めてもどれだけその光景を目に焼き付けても、帰るときには少し後ろ髪をひかれます。
 

来るたびに那須が好きになりますね。
もう那須に住みたい(笑)
 

水庭の世界にたっぷり浸った一日になりました。
 

 

 

 

またね~アートビオトープ那須~。
 

帰りのシャトルバスはまたわたしひとりだけ乗車してお世話になりました。
必ずまた行こうと思います。
 

ではではまた次回に♬
 

 


 

このたびkindleから写真集を出版いたしました。
海の景色だけを集めたのんびり眺めていただける写真集です。
kindle Unlimited で無料でご覧になれます。
よかったらのぞいてみてくださいね♬
 

  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です