日記~久々の家呑みと東京都写真美術館森山大道展

関東もようやく過ごしやすい日がちらほらするようになってきました。
 

今の職場も2カ月を超えて自分の居場所になってきた気がしています。
 

平日は仕事どっぷりなので、この週末の4連休は思いっきりリフレッシュすべく好きなことを楽しみながら過ごしています。

 

2020年9月20日(日)

 

連休初日の土曜日は早めの時間から活動開始してコスモス畑へコスモスの写真を撮りに出かけてきました。
 

昨年は海が近いこともあり台風の影響で塩害を受けてコスモスが全滅になってしまったんですよね。
残念でした…
 

今年は今のところ台風の影響もなくコスモス祭が無事に開催されるとのことで早速様子を見に行ってきました。
車で30分ほどの場所なので気軽に行けるんです。
 

人出が出る前にと思って早い時間に行ったので、最初はほとんど貸し切り状態でゆっくり見ることができました。
 

まだつぼみも多くてこれからまだまだ咲きそうな感じで最終日までにもう一回くらい行けたらいいなぁと思います。
 

写真はたくさん撮ったんですが時間がなくてまだチェックしていないので、いいのがあればいずれ載せたいと思います。
 

この日はいつもの週末の買い出しにも出かけたんですけど、買い物中になぜか無性にワインが飲みたいなぁと思い始めてしまい久~しぶりに家呑みでもしようかとワインを買ってみました。
 

昔昔まだ仕事復帰する前は毎晩飲んでいたんですが、フルタイムで働くようになってからは家では飲まなくなったしここ最近はコロナのこともあって外で飲む機会もぐっと減っていたので久しぶりのお酒です。
 

もともとビール党でしたが数年前にワイン党になり今では外で飲むときも圧倒的にワインが多いわりにはワインのことはよくわからず、ワイン売り場をうろうろしたあげくお値段とラベルのかわいさで選んでみるという暴挙に。
 

こちらチリ産の白ワイン【モンスーン】を購入してみました。
 

 

フクロウが描かれたラベルがなんだかポップでかわいいです♬
 

このワイン、なんと地元のスーパーで税抜き¥399でした!!
やっすーーーーーーーーーーーーっ
 

ちなみにAmazonでは¥1,400くらいで売ってましたよ…
 

安いけどおいしかったですよ!
すっきりしてますが辛口すぎずややフルーティーな感じでごくごくいけそうな飲み口です。
おつまみにイオンで買ったトップバリュブランドの激安チーズとも相性がよくつい飲みすぎてしまいそうになりましたが、翌日の日曜日も早めに出かける予定だったので半分飲んだところでお開きにしました。
 

こういうことができるようになって成長したなぁと思います。
昔なら気分良くなってとことん飲んでました…ははは
 

そして連休2日目の日曜日はこれまた久々の東京都写真美術館へ森山大道(もりやまだいどう)展を観に。
 

 

東京都写真美術館へは気になった展示があるとたまに行きます。
ブログでも過去に記事にしたことがありますね。
 

今回は写真家【森山大道】の展示と、森山大道のドキュメンタリー映画を急遽上映することが決まったのを受けてセットで観に行ってきました。
 

 

東京都写真美術館にはシアターもあって常時映画も上映されています。
森山大道ドキュメンタリー映画は先週の土日と今週の土日の計4日、朝の1回ずつしか上映されないというとても貴重な機会でした。
 

しかもチケットは事前にネット予約とかできなくて、確実に観たければ早めに行って並ぶしかないというなんともオーソドックスな感じで…
 

そんなわけでどうしても展示だけじゃなくて映画も観たかったので、ワインも半分で切り上げ早起きに備えたということだったんですよね。
 

美術館自体は10時開館でチケット販売も10時開始なので9時半には着くように行ったらすでにこんな感じ。
 

 

やはり並んでたか…って感じですがこの人数なら観れることは確実になったのでひとまずほっとしました。
何年か前にお目当ての写真家の展示とトークイベントが行われたことがあって、やはりこの時もトークイベントのチケットは並んで取るしかなくてあと数人というところで満員完売となり泣いた…ってことがあったんですよね。
 

肝心の映画はほっんとに良かったです。
森山大道のある写真集がパリの写真展に出展されるまでを撮ったドキュメンタリーなのですが、森山大道の人となりが映画からあふれ出るように感じられてとても感動でした。
 

もはや世界的な写真家なのにとても自然体というか写真に対してもこうあるべきみたいなこだわりが驚くほど無くて、作品だけではなくこういう面を知ることができてとても良かったしすごくファンになりました。
ほんと優しいおじさんみたいな感じでした。
 

例えばミュージシャンなんかでも音楽そのものも好きだけど、その人の人間性とかバックボーンとか日常が垣間見れたりすることでますます好きになるってことあるかなと思いますがそんな感じです。
 

観に行ってよかった~と心から感じました。
 

写真展示もゆっくりじっくり観てきましたが、展示のタイトル【東京ongoing】の通り東京のスナップ写真がたくさんで新宿の歌舞伎町やゴールデン街は知っている場所の写真もあったりして、自分ならこう撮れるだろうかという視点で観れてとても刺激になりました。
 

撮影可能エリアで撮った写真はこちらです。
 

 

インパクトも存在感もものすごい写真です。
 

御年81歳の大道氏ですが、Tシャツデニムスタイルでカメラを片手に軽い足取りでスナップをさくさく撮って歩く姿はとてもかっこよくて、わたしもあんな風に年をとってあんな風にいつまでも写真を愛していきたいなぁと思いました。
 

いろんな写真展示に行くたびに思うことは「あ~やっぱり写真が好きだなぁ」です。
今回もまた新たな発見があり好きな世界がまたひとつ増えていい時間でした。
 

連休前半はお出かけメインで楽しみました。
明日からの後半はいよいよおこもりで、勉強とあと最近いろいろ新たなチャレンジを企て始めたのでそれを稼働できるように煮詰めて準備作業などする予定です。
 

勉強は以前から何度かブログで書きましたが、簿記2級を受験するのでその勉強です。
ほんとは6月に試験があったのですがコロナで中止になり、11月に受けることになりました。
 

新たなチャレンジは形になったらブログでもお知らせするつもりです。
50歳になってから自分のやりたいことや好きなことがすごくはっきりわかるようになってきました。
最近またいろんなアイディアが出てくるので全部やってると時間が猛烈に足りない感じなんですが楽しいです。
 

アラフォーアラフィフ世代の派遣のことや、初めてから半年以上たったiDeCoの経過なんかも記事に書きたいと思ってるんですがなかなか取り掛かれずにいます。
 

順番に書いていこうと思っておりますので、もし気になる方がいらしたら今しばらくお待ちいただければ…
 

連休中の方もお仕事の方も明日からの1週間またがんばっていきましょう。
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です