派遣休業延長、特別給付金など・・・雑談日記

  

前回の記事で5月末まで派遣勤務の休業が延びたということを書きましたが、予想通り6月に入った今も休業中のブログ管理人です。
 

6月前半は引き続き休業となりました。
 

そんな日常を雑談がてら書き留めておこうと思います。

 

あれこれ雑談日記

 

5月の最終平日だった29(金)に派遣会社の営業担当から連絡があり、派遣先の勤務は休業延長になったことを告げられました。
 

もはや想定済みであり特に返す言葉はなかったですね。
 

4月の半ばに休業を言い渡された時から簡単には復帰できないだろうと思っていたので、これまでの再三の休業延長も「やっぱね」程度の感想しかありませんでした。
 

もう6月勤務もすべて休業になるとしか思えないですし、やはり契約更新しなくてよかったと思います。
 

派遣会社の営業担当にもミオンさんは6末で終了させて正解だったと思うと言われてしまいました。
 

わたしが勤務している部署には他にふたり派遣さんがいるのですが彼女たちは更新をどうしたのか…あえて聞かなかったけど聞いても教えてくれたかはわかりません。
 

わたしの担当業務は日次の作業があるので毎日誰かしらがやらなくてはならないと思うのですが、派遣先は後任の派遣を募集することもしていないそうなのでやはりわたしから契約を切って正解でした。
 

このしんどい状況においてせめてもの救いは派遣会社の営業担当がきちんと連絡をくれるので必要以上にあれこれ気にやまなくて済むことと、連絡をくれた時に業務的な感じではなく休業が延長になっていることを謝罪して親身になってくれるので無駄な怒りやイライラを感じずに済んでいることですね。
 

さすがに2ヵ月も仕事をしないでいると精神的体力的に衰えを感じると言うか軽く病みそうです…
 

次の仕事を探すべく日々求人チェックをしていますが、ちょっと今の状況が普通でないというか需給のバランスが崩れまくってると感じざるを得ません。
 

案件によっては求人掲載された当日中に募集終了になるものがあったり、かと思うと数日後また同じ案件が掲載されていたりして応募が一気に集中してるんでしょうがなんだかよくわからない感じになっています。
 

それなのに求人数は6月に入りどんどん増えてきているものの、スキルや経験面で合致している案件でもわたしとマッチングされないものが多数あってエントリーしてもやはり軒並み選考落ちです。
 

これは年齢でフィルターがかかっているとしか考えられないですね…
 

派遣会社の営業担当に一度聞いてみましたが、年齢で一律に落とすということはないけれど選考の際に職場の年齢層に合わせることはあると言っていました。
それが本当なのか言葉を選んでやんわりと表現したのかはわかりませんが、求人内容に極力合わせてエントリーしているので同じような人がたくさん応募していたらやはりわたしの年では年齢的に不利なのかもしれませんね…
 

もうすでにかなりの数でエントリーしてすべて選考落ちしているので、次の仕事で経理を目指すのはとりあえずやめました。
たぶん今はチャレンジには適さない時期ですし希望だけを優先しているわけにもいかないので現実的に行こうと思います。
 

ここ2週間ほど数年後につながるキャリアになるような案件にエントリーしまくって落とされまくりだったのでいったんモードを変えます。
 

まずは確実に仕事に就けるようにしないとね。
 

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*….
 

先日5月分の給与額が確定しましたが、すべて給与補償で処理してもらったのでめちゃくちゃ少なかったです。
6月分は有給も使ってもう少し増やそうと思います。
 

お金といえば、特別給付金の10万円はもうもらった方はいらっしゃるのかな?
 

わたしは5月末に申請書が届いて6月に入ってすぐに申請しました。
振り込まれるまで3週間ほどと書かれていたので今月中にはもらえるのでは…と思っています。
 

この10万円、自分の分を確実にもらうために実はあることをしました。
 

うちは世帯主が夫になっているので、本来であれば夫の口座にわたしの分も振り込まれるのでしょうがそれだと自分の分を手にできない可能性があったので、世帯分離の手続きをとりました。
 

生活費を一切入れない人なので、10万円の話を聞いた時にこのままではわたしの分は取られてしまう可能性が高いと思い、わたしの状況でもらうためにはどうしたらいいか調べまくって世帯分離という方法があると知りました。
 

そもそも扶養もされていないですし、生活費ももらっていないですし、毎年確定申告の際に世帯主欄に夫の名前を書くことにとても違和感があったのでいい機会だと思い役所に行って事情をきちんと話して分離の手続きをとってもらいました。
 

夫婦なので普通は世帯は分けられないそうですが、今までの経緯や今の現状などを話し申請を受理してもらうことができました。
 

幸い緊急事態宣言下で外出自粛中だったので、役所に他の人が誰もいなくて職員も少なかったのでいろいろ事情を話すのに気を使わずに済みとても助かりました。
 

対応もていねいで親切でしたし受理してくれた役所の人にはとても感謝しています。
 

ちなみにわたしの地域の役所ではその場で申請書を書いて、本人確認はしたような気がしますが(記憶があいまいです)ハンコは不要でした。
分離することについて夫には話していないので本人は承知していませんでしたがそれも家庭内別居中ということでわかってくれました。
 

まだ離婚はしていませんが少し心が解放された気がしました。
 

そんなわけでわたしの分の10万円はわたし宛に申請書が届きしっかり申請することができてほっとしています。
 

結婚生活については今まで語りつくせないほどいろんなできごとがありすぎて何度も何度も絶望的な気持ちを味わってきました。
まだ学生ですが子どもたちが家を出てひとり暮らしを始めフルタイムで仕事復帰しやっと自分の人生を考えられるようになって数年、まだまだこれから人生挽回なので今のこの現状でへこたれてる場合じゃありません。
 

少しでも選択肢がある今は昔に比べればずっといいです。
 

仕事は休業続きなのでしんどかった昔のできごとでも書いてぽつぽつ更新してみようかなと思ったりしています。
 

うちは夫が飲めないので酒がらみはありませんでしたが女と借金と嘘と…まぁいろいろてんこ盛りです。
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です